永江静加のLuxurylife 永江理恵の魅力学

永江理恵のブログ

永江理恵の美容医療本音トーク⑤

永江理恵の美容医療本音トーク⑤です。

 

私の美容医療との付き合い方は

職業上、豊かな表情は必須なので顔が動かなくなるような事はしない。シワを全て取らず自然な表情が出せるようにする。

なので、目や鼻、口のパーツはいじらず輪郭を整える。

ということです。

そのような仕上がりを目指す方は参考にしてください。シワ一つ無いようにパリっと仕上げたいという人には私のやっている事はあまり参考にならないかも。

 

さて、今回は老化の最大の原因だと思っている   たるみ問題!

 

リフト(糸)のもちが本当に良くないので(私の表情動かし過ぎ問題なので普通にはちゃんともちます)

糸以外に何か方法はないかと暗中模索。

糸は間違いなく上がって満足度は高いけどダウンタウンがあるので仕事に差し支えるからスケジュールを考えてやらないといけないのが、ちょっとばかり不便。。

っということで、注入系でなんとかたるみを解消できないからとアレコレやってみました。

 

まず、試したのが頬の輪郭へのマイクロボトックス。

これは凄い!!すぐに輪郭がはっきりして小顔になりました。

オススメです!

ちなみに、、マイクロボトックスが首にも打つことができます。

これがまたすごい!

首のケアはとても気をつかっていて、10代から枕を使わないように気をつけていました。なのであまり首のシワは気にならずにいたのですが、今回マイクロボトックスを打ってみて微妙にシワが寄っていたりしていたことに気づきました。首もとても滑らかになり蘇りました❤︎

 

マイクロボトックスが気に入った私は頬にもできないかと聞いたところ輪郭と頬の筋肉が違うからお勧めしない、と。

でも、このままだと輪郭は上がったけど頬はたるんだままだから法令線がクッキリになってしまう。涙

ということで頬の真ん中に少量のボトックスを打ち下がらないように杭打ちしてもらいました。

さらに、日本ではまた新しいボラックスというものを頬の輪郭にしてみました。

なんとも紛らわしい名前のボラックスですが、ボラックスとはヒアルロン酸製剤の多くは顔のしわや溝の修正を目的としているのに対して、ボラックスは同じ形を保つ力が強いのでフェイスラインとアゴの形成に適しているらしいです。

しばらくは、これ意味あった?と思っていましたが、1か月ほど経過した今、法令線が微妙に緩和されているので、地味にじわ〜と効いたのだと思います。

 

これらは全て今泉スキンクリニックです。

 

 

 

 

 

TOP